<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | -
    WRANGLER(Lee JAPAN) Original Cushion 
    0
       


      http://store0308.com/shopdetail/000000001442/

      WRANGLER(Lee JAPAN) Original Cushion
      2014年リリース

      RED 11880円
      DENIM 12960円

      チャンピオンジャケットをモチーフにしたクッション。WRANGLERからはコットンツイルのレッドタイプとデニムタイプで2パターンリリースされています。他にLeeのタグをモチーフにしたものも販売されています。遊び心あふれた商品ですね。




      http://store0308.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001441&search=&sort=


      こちらのショップにて購入できます。
      【3&8】
      http://store0308.com/

      【ゴールド☆ゲート】
      http://ameblo.jp/goldgate/entry-11807839812.html


      | 小物 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0)
      あのデニス・ホッパーも愛したWRANGLER 124MJ 
      0
         


        Dennis Hopper(1936-2010)


        みなさんデニス・ホッパーと言えば何の作品を思い浮かべますか?やはり彼が一躍有名となり監督・脚本・主演を務めた『Easy Rider』でしょうか。私はこの作品に出会ったのがまだ世の中の事にまったく無頓着であった中学生でした。その頃メジャーなハリウッド映画しか好まない自分にとっては、とても退屈な映画でした。今思うと本当に残念な若者でしたね。

        この映画は色々な切り口で見れて、とても面白い映画です。当時のアメリカの社会情勢を考えながら、若者たちが描くバイク、音楽、ヒッピー、酒、ドラッグ、セックス、同性愛などを通して痛烈なカウンターカルチャーを感じる事ができ、現在では伝説的なロードムービーとして語り継がれています。私自身それが理解できたのが、社会人になって古着を通して改めてこの作品に出会ってからなので、もうちょっと早く気付きたかったです。

        さてこのデニスホッパーはLee 101Jをこよなく愛した事でも有名だと思いますが、WRANGLERもちゃんと着てくれてました。リーバイスを着てた姿は見たことありません。前置き長くなりましたが今日はそちらをご紹介。


        若い頃のデニス・ホッパー。このLee101Jを着た姿にはホントにシビれる。どうかインナーのシャツは27MWであってほしい。Lee101Jと言えばスティーヴ・マックィーンだが、デニス・ホッパーも負けてはいない。


        こちらがそのWRANGLER 124MJと思われるジャケットを着た写真。麻薬や飲酒で逮捕された時の写真のようです。フロントヨークの黒タブの位置、そして型の縫い目、これはまさに124MJではないでしょうか?MAVERICKだったらマニアック。ただ、このヨークが若干斜めにも見える所が微妙なところでもあります。

        上記を踏まえましてこの辺のジャケットだと推測できます。この他70年代〜80年代の3rdタイプを着た写真もちらほら見かけますね。胸に付いた缶バッジが欲しいです。作ろうかな。





        【関連記事】
        1970's VINTAGE WRANGLER 124MJ CUSTOM
        WRANGLER 124MJ 「Man’s customised denim Wrangler jacket 1970」
        VINTAGE WRANGLER 124MJ 1970年代
        WRANGLER Lot.902BNVR
        2007.11.13 古着屋GOLD GATE取材レポ







        | Famous | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0)
        1960年代 VINTAGE WRANGLER Lot.990 
        0

          JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




          1960年代 VINTAGE WRANGLER Lot.990



          1950年代〜1960年代にかけて作られたLot.990のジャケットです。私がこのジャケットを初めて見たのはモノ・マガジンの別冊「コレクション・モノNo.4」に掲載されたラングラー特集でした。ヴィンテージデニム・コレクションのコーナーで「遅れて来たデザイナージーンズ、ラングラー」という打たれた見出しにはシビれましたね。その中で1ページ丸まるこのジャケットの写真で埋められ、これまた心撃たれたのを今でも覚えています。

          掲載されたジャケットはサックスブルーではなく、レッドで桜大根色の様な淡いレッドでした(いやピンクと言ってもいい)。生地は当時の22MJZや22MWZなどと同じかと思います。ポケットのサイレントWも省略され、シンプルなデザインがとても格好良いです。またこの鮮やかなサックスブルーにブラックのステッチを合わせるなんて斬新過ぎるセンスですね。渋い...。

          コレクション・モノの誌面ではこのジャケットの詳細は語られず「ボーイズサイズ」のジャケットと謡われてますが、どうやらレディース用に作られたジャケットのようです。デッドストックのタグを確認しますと「MISSES」の刻印が入ってます。こちらの古着ショップ「bayson」で販売されているジャケットで確認できます。


          福岡県北九州市の古着屋「BAYSON LIMITD」さんではレッドタイプのデッドストックが販売されてます。
          http://www.bayson.jp/?pid=24002454

          状態によっては古着屋で3000円くらいで買えたりするので狙い目かと思います。小柄な女性や、お子様へのプレゼントに是非いかがでしょうか。

























          こちらは当時の広告。レッド、ブルーの他に生成りっぽいカラーも入れ3パターンの存在を確認。「for all the family」とあるように、この時代からカジュアル路線に広げつつあるのが推測できます。



          こちらはWRANGLERの広告。大人の女性が着ているが、かなり小柄で細身なモデルかと思います。またジャケットに合わせたパンツがハイウェストで時代を感じますね。




          【関連記事】
          1950年代 VINTAGE WRANGLER 22MJZ
          WRANGLER(Lee JAPAN) 22MWZ Lot.W1022
          1960年代 VINTAGE WRANGLER 22BZ
          1950年代 VINTAGE WRANGLER 22MWZ



          | 22MJZ | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0)
          profile
          メールフォーム
          Sponsor
          Wrangler関連オークション
          categories
          おすすめWRANGLER
          links
          mobile
          qrcode