<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< オーストラリアのアメカジショップ「Realstore」にブルーベルヒストリーが掲載 | main | 1940年代 BEN THE RODEO TAILOR WOOL GAB WESTERN SHIRT >>
スポンサーサイト 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | -
    WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601 vol.2 
    0
       
      JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




      WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ 1948年モデル
      (初期型プロトタイプ)
      Lot. W9601 2009年5月リリース ¥29800 限定24着
      (小室さん所有:毎日3ヶ月着用)

      以前レビューしましたジャンキーハーツ別注のWRANGLER 11MJプロトタイプ初期モデルを再度検証します。前回はジャンキー別注の27MWの取材もあり、そちらがメインとなってしまったので、写真が少なくまともな記事が書けませんでした(他に金銭的な理由で11MJを買えなかった...)。今回は第2弾として再レビュー。写真のジャケットは資料提供で協力してくれました「小室」さん所有物で、3ヶ月間ほぼ毎日着用。そしてアタリを出す為に糊付けの「キーピング」を何度か吹きかけているとのこと。両腕の関節部分のヒゲが恐ろしいくらいアタリが出てます。糊付けが非常に効いてるため、乾燥してパリパリしている感じです。デニムジャケットはかなり着込まないとアタリが出て来ませんよね。エッジの効いた色落ちを目指すには早道かもしれません。小室さん曰く、糊付けスプレーの「カンターチ」などの天然糊系はカビが生えるのであまりオススメできないようです。さぁ!この芸術的なジャケットよぉ〜くご覧になって下さい。



      この腕のシワを見て下さい。芸術ですね...。タックのラインもビシっと糊付けされています。このまま着込んで行くとどうなってしまうのだろうか。


      3ヶ月でここまでアタリが出るんですね。


      袖周りの色落ちもすごい。




      袖端のステッチにはグレーを使用。ここも拘ったとジャンキーの高橋さんは言ってました。


      Lee JAPANがうっかりやっちゃった袖の逆パターン。左が初期型プロトタイプ(ボックス型プリーツ)、右が今回のジャンキー別注もの。全体的な大きさも違うように見えますが、左はサイズ38、右は36の為、相違があるのかもしれません。ここが違う!と高橋さんが力説。












      サイドストラップの位置もあきらかに違う。右がジャンキー別注。


      ステッチの幅も並べてみました。右がジャンキー別注です。ちょっと分かり辛いかな。ジャンキーの方が幅が広い。


      今度はウエアハウスのプロトタイプと並べてみました。左がジャンキー別注。右がウエアハウス。ステッチの幅はがほぼ同じ。ウエアハウスの方が若干ピッチが細かいか..。




      並べてみました。左が初期モデル、右がジャンキー別注の後期モデル。


      ついでに懐かしいプロトタイプたちも。左がウエアハウス。右がラングラージャパンのプロトタイプ。

      総括!(`・ω・´)シャキーン
      気付いたら2度もレビューしてました。このジャケットの注目度が高いのが理由です。やはりJUNKY高橋さんの魂がギッシリ詰まっていて、よくデキてます。そしていつの間にかLee JAPANより発売されていた当モデルの再販?はやはりこのモデルの「再販」のようで、ジャンキーのタグこそ付いてませんが、
      まったく同じだそうです。嬉しいようで悲しい複雑な気分ですが、この不況のさなかLee JAPANも決して安泰ではなく、必死さが伝わって来ます。その辺もラングラーファンは理解しなければならないのかもしれません。Lee JAPANが生産するジーンズのほとんどは中国製です。日本の円高に加え、中国との「尖閣諸島領有権問題」でギクシャクした日中関係により、衣料業界にも少なからず影響はあるはず。今後の日本におけるWRANGLER JEANSの行方もどうなるのか...。今回のような事も今後また十分ありえることなのでしょう。



      熱意的なラングラーコレクター「小室」さんよりブログ継続支援とういことでラングラーネタ提供で、このジャケットを貸してくれました。あたたかいご協力本当に感謝しております。(-人-)アリガタキシアワセ
      そして...「小室さん」からお借りしたラングラージーンズはこれだけではありません。
      恐ろしいほどのヴィンテージラングラーの数々。次回の掲載にご期待下さい。

      全ては「ラングラーラバー」のために...。
      つづく...。


      【関連記事】
      ・アーカイブシリーズに新たなラインナップ?
      ・WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601
      ・2008.02.29 古着屋GOLD GATE取材レポ



      | 11MJ | 22:21 | - | trackbacks(0)
      スポンサーサイト 
      0
        | - | 22:21 | - | -
        この記事のトラックバックURL
        http://wrangler.jugem.jp/trackback/343
        トラックバック
        profile
        メールフォーム
        Sponsor
        Wrangler関連オークション
        categories
        おすすめWRANGLER
        links
        mobile
        qrcode