<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
<< ラングラースピリッツにJUNKY CLASSIC代表 高橋 功さんが登場 | main | WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601 >>
スポンサーサイト 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | -
    WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 27MW Lot.W9526 
    0
       
      JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連



      WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 27MW Lot.W9526
      2009年5月リリース ¥21800 限定30着


      「ラングラーマニアも脱帽!究極の27MWがここに完成!!」
      孤高のラングラーマニア達、
      JUNKY HEARTSへ集結セヨ

       27MWというと、去年Lee JAPANよりリリースされたアーカイブシリーズの1950年代モデルが記憶に新しいですが、こちらは27MWの1stモデルになります。1951年から誕生したこのシャツは27Sという品番で登場し、翌年の1952年から27MWという名に変わったのが定説のようです(BOON参考)。一言に1stと言ってもこれまた数種類のパターンが存在します。又、「THE JEANS」では、「同じスタイルでも第1ボタンがパールの縫いつけはファースト・モデルではない」との記述もあります。その辺を踏まえても、この銅製スナップボタンを使ったパターンは限りなく最古に近い1stモデルと言えるでしょう。雑誌などのメディアでもこの銅製スナップボタンを使ったモデルは中々出てこないので、オリジナルはとても貴重な存在です。
       JUNKYの店に着いて挨拶を済ませると、店長の高橋さんが、「どう?もうこれ完璧でしょ」と27MWの別注について細かく説明してくれました。まず驚いたのが、なんと限定30着程度だということ。サンプルができた段階で追加生産の依頼をかけたが、生地の関係でその程度しかできなかったとのこと。ご丁寧に生産リストも見せて頂いたので、僕に対してのハッタリとかではありません。しかもその30着といのは全サイズを合わせての数字になるので、各サイズに換算すると限りない枚数だということになります。金欠であった為、本当は購入するつもりはなかったのですが、この風合いを目の辺りにしてしまうともう買わずに我慢していることの方が体に毒で、具合悪くなりそうなくらいでした(笑)。試着してまず思うのが、この着丈の長さ。もうマントに近いです。現代風のシャツを外に出して着るのではなく、タックインで着る事を前提としてます。この辺も忠実に復刻。その他の説明は下の写真と共に記載してます。

       このモデルは以前ラングラージャパンが復刻したきりでしたので、好きな方には「やっと出たか...」という気持ちなのではないでしょうか。又、限定30着ということもあり、もたもたしていると売り切れることは間違いありません。あまり宣伝もしてないようで、メディアでは雑誌の「メンズブランド」に小さく掲載されているくらいです。迷ってる人はまずJUNKY HEARTSへ行って直接自分の目で確認することをオススメします。ラングラーファンには納得の1枚になることは間違いないでしょう...。




      高橋さんが唯一残念がっていたのが、この織りネーム。織りネーム自体は問題ないのですが、サイズ表記の紙部分が高橋さんの所有する27MWに付いてなかったので、復刻のしようがなかったみたいです。このシャツ完成後に、元々付いていたが、取れてしまっていた事が判明。どうせ洗って行くうちになくなってしまうものなので、その辺は妥協できる部分ですね。現行のLee JAPANで出しているアーカイブシリーズのものより少し黄色っぽい気がします。


      第一ボタンまでしっかりスナップボタン仕様となってます。


      「ダイアゴナル」と呼ばれる傾斜型の胸ポケット。この角度も完璧です。よーく見るとステッチのピッチが細かいことがわかります。ステッチの色も使い分け、サイレントWは黄色ですね。



      スナップボタンはユニバーサル刻印



      ボタンの各位置も狭い。ラングラージャパ時代のはもっと余裕がありました。


      「このグレーの糸もそれっぽいでしょ?」と高橋さん。


      初期モデルは二枚袖になっているため、Gジャンと同じく生地を重ねて縫い合わされています。後期の27MWは量産を考慮して1枚袖となっている。


      裾はロックミシンで処理。初期型に見られる仕様です。


      胸ポケット裏あたりにはかわいらしい「JUNKY HEARTS MOTOMACHI」のタグが。27MWはプリントタイプで、11MJは刺繍タイプとなっている。



      こちらは完成前のサンプル品。一見同じように見えますが...。


      上記の完成品と比べるとステッチのピッチに余裕があります。


      タグのコメントには細かい修正内容が。


      店頭のレジに飾られていたオリジナルの27MW。これをもとに今回のモデルが完成したそうです。

      高:高橋さん 
      高 「これは1stじゃないんだよ」
        「え?どういうことですか...?」
      高 「このスナップボタンを見てご覧。スコービル社製になっているでしょ?」
      高 「これより古いと思われるものはUNITED CARの刻印が入ってるんだよ。
         友人がそのモデルをデッドストックで所有してるんだけどね」

      と...奥が深いですね〜VINTAGEは。又、その友人はラングラーマニアなそうで、その所有する27MWにはしっかり織りネームにサイズタグが付いてたとのことです。


      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
      THE AMERICAN MARTSHOP
      「JUNKY」

      ※27MW、11MJのお問い合わせは「JUNKY HEARTS」へ
       その際は「ラングラースピリッツ見ました!と元気よく(笑)」

      JUNKY HEARTS
      住所:神奈川県横浜市中区元町1-50元町パセオ201-B
      TEL:045−228−2699
      FAX:045−228−2698
      営業時間:AM10:30〜PM8:00
      定休日:祭日を省く月曜日
      (祭日の場合は火曜日定休)
      | 27MW系 | 23:19 | - | trackbacks(0)
      スポンサーサイト 
      0
        | - | 23:19 | - | -
        この記事のトラックバックURL
        http://wrangler.jugem.jp/trackback/249
        トラックバック
        profile
        メールフォーム
        Sponsor
        Wrangler関連オークション
        categories
        おすすめWRANGLER
        links
        mobile
        qrcode