<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | -
    WRANGLER CATALOG vol.3 
    0
       
      JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連



      WRANGLER JAPAN CATALOG 1990年 SPRING and SUMMER 62ページ


      1990年のラングラージャパン春夏カタログです。表紙にはロープラングラーの字体が大きく掲載されました。カラーリングはブルー&イエローのラングラーを象徴する配色。まず1ページ目を開くと、
      「NO.1 JEANS IN TEXAS,WRANGLER. 世界で初めて、ウエスタンスタイルのブルージーンズを作ったラングラー。そして、フロンティア・スピリットの故郷テキサスのNo.1ジーンズ、ラングラー。」とのキャッチフレーズが目につきます。「WRANGLER,THE TRUE STORY」と題してラングラーの歴史に4ページさいており、前回同様に今までの偉業がぎっしり書かれてます。挿絵は変更されいていますが内容はまったく同じでした。項目は以下の6つに分けられてます。

      「SINCE 1904,AMERICA'S FIRST JEANS,WRANGLER.その起源は1904年。AMERICAのファーストジーンズ、ラングラー。」

      「THE REAL WESTERN JEANS,WRANGLER 11MW世界初のウエスタン・ジーンズ、ラングラー11MW。」

      「THE FIRST ZIPPERED JEANS,WRANGLER 13MWZ.世界初のフロントジッパー・ジーンズ、ラングラー13MWZ誕生」

      「No.1 JEANS IN TEXAS,WRANGLER.AMERICAの故郷テキサス州で、ジーンズと言えばラングラー」

      「THE HISTORY OF WRANGLER JAPAN.ラングラージャパンの誕生と日本ジーンズストーリーの始まり。」

      「AMERICA'S BIG3, INTERNATIONAL BRAND,WRANGLER.アメリカのビッグ3、そしてインターナショナルブランド、ラングラー」





      ラングラーヒストリーの後にまず登場するのが3本の11MWシリーズです。こちらも前回同様に3種類でディテールに変更なくこの冊子で一番プッシュしている印象。
      今期より「8SERIES」という新たなラインアナップが登場してます。それは、以下8ヶ国を世界基準としたジーンズで801、805、806、807の4種類のロットナンバーが用意さました。その内ストレートは1本だけで、まだまだスリムが人気だったことが伺えます。「9Series」がバリバリのストーンウォッシュ(ケミカルウォッシュ)だったのに対し、「8SERIES」はもう少し落ち着いた色落ちの印象です。サイドは巻き縫いのダブルステッチに変更されてたりもしますが、基本的にはあまり大差ないのが正直なところです。ちなみに1本のジーンズの平均価格は8000円です。

      1.UNITED STATES OF AMERICA
      2.EUROPE
      3.JAPAN&ASIA
      4.SOUTH AMERICA
      5.CANADA
      6.AUSTRALIA
      7.MID.EAST
      8.AFRICA



      冊子の半分は反転されレディースが扱われてます。レディースでは「7SERIES」が登場しており、70*番台のロットナンバーで差別化されており、701、704、705、706、707、709の6本のジーンズがラインナップに加わりました。


      【関連記事】
      ・WRANGLER CATALOG vol.2
      ・WRANGLER CATALOG vol.1



      | CATALOG | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0)
      WRANGLER CATALOG vol.2 
      0
         
        JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連



        WRANGLER JAPAN CATALOG 1989年 FALL and WINTER 46ページ


        1989年のラングラージャパン秋冬カタログです。1年経ってページも増大しました。春夏が存在するのでしょうか?表紙では「AMERICA'S BIG3」のひとつであることをアピールしています。去年と引き続き9シリーズは健在でスリムパンツがカタログの80%を占めていますが、11MWのレギュラーパンツが登場しています。カタログの半分はレディースとなっていて、逆から読むスタイル。レディースは700シリーズで統一されていた。インチによって価格が分けられており、27〜34インチ ¥6900、35、36インチ ¥7400、38〜44インチが¥7900 てな感じ。しっかし44インチって(笑)。一番高いもので¥8400となってました。ストーンウォッシュのスリムが流行っていた中頃でしょうか。9シリーズではブラックが初登場しています。


        おなじみのブランドヒストリー。ラングラーファンが崇拝するベンザロデオテーラーが写真入りで登場しています。ぽっちゃりメガネ。


        裏表紙はレディース。この頃レディース向けに展開していた「Gals」。


        【関連記事】
        ・WRANGLER CATALOG vol.1
        | CATALOG | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0)
        WRANGLER CATALOG vol.1 
        0
           
          JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連



          WRANGLER JAPAN CATALOG 1988年 14ページ

          私が所有しているWRANGLERのカタログで一番古いものを紹介。こちらは1988年発行。ラングラーのカタログは「BLUE BOOK」と呼ばれ、ラングラーファンには馴染み深いカタログ。1971年からラングラージャパンが誕生している為、この1988年より前のカタログももちろん存在するかと思います。中身はオールカラーの14ページで、ジーンズのボトムしか掲載されていません。表紙にあるように「9 Series」という900番のロットナンバーを使用しているのですが、なぜ「9」なのか?という説明はなく「9 Series」が連呼されています。「9 Series」の特徴はストーンウォッシュ(スーパーストーンウォッシュ)で、スリム、そして裾は短めとなっている。この時代のジーンズは1本6900円の設定。今とそんなに変わりないですね。さすがに今から20年以上前のカタログとなると時代を感じさせます。


          ブランドヒストリーはしっかり書かれている。驚いたことにこの時から11MWのプロトタイプや、ホパロングキャシディーなどが掲載。ここにストーンウォッシュのジーンズが載ると違和感がある。


          裏表紙。「ラングラーは世界第二位の、アメリカン・ジーンズ・ブランドです。」とあまり聞きなれないキャッチフレーズ。80年代を象徴するブルーxイエローのロゴ。


          | CATALOG | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0)
          profile
          メールフォーム
          Sponsor
          Wrangler関連オークション
          categories
          おすすめWRANGLER
          links
          mobile
          qrcode