<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image   amazon image  
スポンサーサイト 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | -
    WRANGLER史上最高傑作の111MJタイプ チャンピオンジャケットがついに復刻! 
    0
       
      超ビッグニュース!!


      WRANGLER史上最高傑作とも言われている(勝手に言っちゃってます)111MJタイプのチャンピオンジャケットがついに復刻!!(注意:写真はオリジナル)


      まずはゴールドゲートの金丸さん執筆のBLOGを参照すべし。ここ
      続きを読む >>
      | 11MJ | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0)
      Vintage 40's 1st WRANGLER Blue Bell 11MJ Denim Jacket 
      0
         


        Vintage 40's 1st WRANGLER Blue Bell 11MJ Denim Jacket
        $2,508.00(ebay)

        ebayに状態の良い11MJのプロトタイプが出品されてました。プリーツのステッチがBOX型ではない2本線タイプ。プロトタイプの後期型?ですね。説明に「これは日本製のレプリカではない」と書かれてます。日本では良いのか悪いのかVINTAGE WARNGLERの価格が急激に下がってますが、$2,508.00は相場的にどうなんでしょうか...。
        続きを読む >>
        | 11MJ | 10:03 | comments(1) | trackbacks(0)
        WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601 vol.2 
        0
           
          JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




          WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ 1948年モデル
          (初期型プロトタイプ)
          Lot. W9601 2009年5月リリース ¥29800 限定24着
          (小室さん所有:毎日3ヶ月着用)

          以前レビューしましたジャンキーハーツ別注のWRANGLER 11MJプロトタイプ初期モデルを再度検証します。前回はジャンキー別注の27MWの取材もあり、そちらがメインとなってしまったので、写真が少なくまともな記事が書けませんでした(他に金銭的な理由で11MJを買えなかった...)。今回は第2弾として再レビュー。写真のジャケットは資料提供で協力してくれました「小室」さん所有物で、3ヶ月間ほぼ毎日着用。そしてアタリを出す為に糊付けの「キーピング」を何度か吹きかけているとのこと。両腕の関節部分のヒゲが恐ろしいくらいアタリが出てます。糊付けが非常に効いてるため、乾燥してパリパリしている感じです。デニムジャケットはかなり着込まないとアタリが出て来ませんよね。エッジの効いた色落ちを目指すには早道かもしれません。小室さん曰く、糊付けスプレーの「カンターチ」などの天然糊系はカビが生えるのであまりオススメできないようです。さぁ!この芸術的なジャケットよぉ〜くご覧になって下さい。



          この腕のシワを見て下さい。芸術ですね...。タックのラインもビシっと糊付けされています。このまま着込んで行くとどうなってしまうのだろうか。


          3ヶ月でここまでアタリが出るんですね。


          袖周りの色落ちもすごい。




          袖端のステッチにはグレーを使用。ここも拘ったとジャンキーの高橋さんは言ってました。


          Lee JAPANがうっかりやっちゃった袖の逆パターン。左が初期型プロトタイプ(ボックス型プリーツ)、右が今回のジャンキー別注もの。全体的な大きさも違うように見えますが、左はサイズ38、右は36の為、相違があるのかもしれません。ここが違う!と高橋さんが力説。












          サイドストラップの位置もあきらかに違う。右がジャンキー別注。


          ステッチの幅も並べてみました。右がジャンキー別注です。ちょっと分かり辛いかな。ジャンキーの方が幅が広い。


          今度はウエアハウスのプロトタイプと並べてみました。左がジャンキー別注。右がウエアハウス。ステッチの幅はがほぼ同じ。ウエアハウスの方が若干ピッチが細かいか..。




          並べてみました。左が初期モデル、右がジャンキー別注の後期モデル。


          ついでに懐かしいプロトタイプたちも。左がウエアハウス。右がラングラージャパンのプロトタイプ。

          総括!(`・ω・´)シャキーン
          気付いたら2度もレビューしてました。このジャケットの注目度が高いのが理由です。やはりJUNKY高橋さんの魂がギッシリ詰まっていて、よくデキてます。そしていつの間にかLee JAPANより発売されていた当モデルの再販?はやはりこのモデルの「再販」のようで、ジャンキーのタグこそ付いてませんが、
          まったく同じだそうです。嬉しいようで悲しい複雑な気分ですが、この不況のさなかLee JAPANも決して安泰ではなく、必死さが伝わって来ます。その辺もラングラーファンは理解しなければならないのかもしれません。Lee JAPANが生産するジーンズのほとんどは中国製です。日本の円高に加え、中国との「尖閣諸島領有権問題」でギクシャクした日中関係により、衣料業界にも少なからず影響はあるはず。今後の日本におけるWRANGLER JEANSの行方もどうなるのか...。今回のような事も今後また十分ありえることなのでしょう。



          熱意的なラングラーコレクター「小室」さんよりブログ継続支援とういことでラングラーネタ提供で、このジャケットを貸してくれました。あたたかいご協力本当に感謝しております。(-人-)アリガタキシアワセ
          そして...「小室さん」からお借りしたラングラージーンズはこれだけではありません。
          恐ろしいほどのヴィンテージラングラーの数々。次回の掲載にご期待下さい。

          全ては「ラングラーラバー」のために...。
          つづく...。


          【関連記事】
          ・アーカイブシリーズに新たなラインナップ?
          ・WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601
          ・2008.02.29 古着屋GOLD GATE取材レポ



          | 11MJ | 22:21 | - | trackbacks(0)
          KanfulにてSALE!「WRANGLER/ラングラー 50s 縦ベル 111MJデニムジャケット」 
          0
             
            JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連


            VINTAGE WRANGLER 111MJ 1950's
            ¥29190(kanful)


            1950年代のがカンフルにてセール!この状態で¥29190は適性価格ですね。ダメージも妥協できる程度なので、お薦めです。細かいところリペアもされている感じ。ジョンレノンが着ていたモデルはこのタイプだと思います。あと数年は着れますね。










            | 11MJ | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0)
            VINTAGE WRANGLER CORDUROY JACKET Lot.1119ANT? 
            0
               JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




              VINTAGE WRANGLER VAT DYED CORDUROY JACKET Lot.1119ANT?
              1960年代

              子供用の1960年代頃に作られたデッドストックのコーデュロイジャケット。首元に付いたタグからではロットナンバーがよくわかりません。色はこの他にグリーン、ネイビーは確認できてますが、あとワインレッドとかありそう。VAT DYEDとは古着好きならたまに聞く言葉だと思いますが、染め方(建染染料)のようです。子供用ですが、袖が長くタイトに作られてます。生地はとても薄いコーデュロイ仕立て。ポケットのフラップがなかったりとシンプルなデザインで、子供にも着易そうです。このデザインで、大人用もあればカッコイイのになぁ〜と思ったり。価格は子供用なので1万円以内で買えると思います。ネットでもたまに見ますね。


              フラッシャーにはダンディな人が24MJZを着てます。


              裏側には洗濯の注意書きがビッシリ。


              バックもシンプルな作りだが...。


              よく見るとタックが入ってたりする。ふむふむ。


              サイズ表記はの3は3才?


              ものによっては同じ形でも、サイズ表記タブに「MADE IN USA」が入ったりするので、生産場所によって違いがあると思われる。


              首元付けられた紙タグ。一番下の「1119 ANT」がロットナンバーっぽい。語尾の「ANT」は色によって変わる。


              ボタンは全てこれ。




              サイレントWなし。




              | 11MJ | 02:32 | - | trackbacks(0)
              EURO WRANGLER 11MJ CHAMPION JACKET 
              0
                   


                EURO WRANGLER 11MJ CHAMPION JACKET
                2009年リリース

                現行のヨーロッパWRANGLERで、こんなジャケットが発売されていたようです。33MJのチャンピオンジャケットタイプね...ん?待てよ、これ111MJじゃん!って感じです。ブルーベルパッチは付いてないモデル。生地はサテン?というより生成りな感じかな。このモデルはオリジナルで存在するんでしょうか?刺繍はイイ感じです。値段が「2 499:-」って日本円でいくらくらいなんでしょね。

                こちらのサイトにて販売イギリスかスウェーデン?⇒meadow









                24MJZも出てますね。

                | 11MJ | 20:42 | - | trackbacks(0)
                SUGAR CANE 111MJ TYPE Lot.M11141 
                0
                   


                  SUGAR CANE 111MJ TYPE Lot.M11141 1990年代初期リリース
                  ¥23000(GRASSWOOD)

                  藤沢の古着屋「GRASSWOOD」で販売されていたSUGAR CANEの111MJタイプです。残念ながらGRASSWOODは2009年12月20日をもって閉店してしまいました。最後は50%OFFとかでセールも行われていたので、このジャケットももう少し安く販売されていたかもしれません。
                  SUGAR CANEのジージャンは別注による刺繍タイプが数多く存在しますが、こちらもその一つでしょうか?このタイプは初めて見ました。ポケットのステッチが擬似的なほつれたものではなく、サイレントWがきっちりと縫われてます。この辺は元の所有者が個別にアレンジしたのかもしれませんね。又、ラングラージャパン時代のものと思われる革パッチも付けられてます(通常は付けられてない)。かなりラングラー好きな方が所有されていたことが伺えます。

                  詳細はこちらのBLOGにて
                  GRASSWOOD

                  1/23追記
                  最終的には¥9660で販売されていたようです。⇒こちら


                  ハワイの牧場「KAHUA RANCH HAWAII」の刺繍。


                  サイレントWかなりいい仕事してます。


                  | 11MJ | 11:54 | - | trackbacks(0)
                  1950年代 VINTAGE WRANGLER 111MJ 
                  0
                     
                    JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




                    1950年代初期 VINTAGE WRANGLER 111MJ

                     1950年代初期の111MJを紹介します。雑誌によっては2番目に古いタイプの111MJと言われたりしてます。この前のモデルにフロントボタンに丸みのあるタイプ、そして最初期に内巻きWパッチの11MJプロトタイプ、そして突き詰めていくとBLUE BELLの11MJ?タイプが存在します(ややこしい)。コンディションはイイ方ですが色落ちは終盤ぎみです。縦落ち感は少なく、ヴィンテージラングラーらしい鮮やかな青みがあります。現在の相場は5万前後というところでしょうか。一昔に比べだいぶ安くなりました。コンディションにもよりますが、ピーク時は30万以上しましたからね。ありがたい事にLee JAPANからも同型が復刻されいるので、2万前後で雰囲気を楽しむことができます。復刻と比べて肩から肘にかけての腕周りが太いので、動き易いです。正直なところ50年以上も前のモノなので気軽に楽しめない部分もあるんですが、ヴィンテージならではの深みと重みがあります。




                    塩化ビニールにプリントのパッチ。自分はこのパッチが一番好きです。








                    ポケットの淵はシングルステッチでした。


                    よく見るカンヌキの失敗。失敗してないモデルの方が少ないのかってくらいの確立で見かけます。当時は難度の高い技術だったことが伺えます。



                    フロントの裾部分は当然ステッチのズレがあります。




                    袖部分もステッチのズレ。スナップボタンがかなり外側に打たれています。







                    リベットは突起のあるタイプ。


                    | 11MJ | 18:14 | - | trackbacks(0)
                    VINTAGE WASHINGTON "DEE CEE" 11MJモデル 
                    0
                       
                      JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連




                      VINTAGE WASHINGTON "DEE CEE" 11MJモデル 1950年代


                       ラングラーの11MJをモチーフにしたと思われる、ワシントンDEE CEEのデニムジャケットです。いつ頃の物なのわかりませんが、2008年10月号のLightningにもインナー無しのプレーンタイプが掲載されてまして、1950年代と記載されておりました。主にワーク系でよく古着屋で見かけるブランドですが、この様なカウボーイタイプも存在します。これと合わせたパンツもありますが、そちらもやはり11MWに似てますね。よく雑誌では「ラングラー11MJに非常に酷似している・・・」で記事が終わってたりするんですが、BLUE BELLと関係があるようでこのモデルにBLUE BELLのタグが付いたのも存在します。ちなみに「Old Kentucky」というブランドで、このジャケットにタグだけ取り替えただけのもの。(2008年10月号のLightning掲載) ワークブランドが乱立した時代背景など考えると中々面白いですね。VINTAGEは深い!。



                      インナー色使いが好きです。まったく違うデザインのインナーなどもあります。もちろんインナーなしも。




                      アクションプリーツのインナーゴムはヘタってて機能してません。


                      アクションプリーツにアジャスターと、11MJの仕様と同じ。




                      フラップ付きのポケットも何となく11MJに近い。


                      ポケットの淵はチェーン仕立て。






                      カンヌキも立派に仕上がってます。11MJとは違いカンヌキは2列のみ。






                      リベットは袖部分とアジャスターストラップに打たれてますが、やはりスクラッチレスタイプのリベット。少し突起があります。


                      アジャスターストラップはやや上に付けられている。


                      金具は11MJと同じ作りです。



                      驚くことに背中に自社ロゴがデカく刺繍されたチャンピオンジャケットタイプ?(2006 vol.9 no.092 Free&Easyにも掲載)。この商品は渋谷の原宿にある古着屋「プエブロ」で販売されてました。取材に行こうと思った時には既にSOLD OUT!残念。ちなみに¥134400でした。

                      | 11MJ | 21:39 | - | trackbacks(0)
                      WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ PROTOTYPE Lot.W9601 
                      0
                         
                        JUGEMテーマ:WRANGLER ラングラー関連



                        WRANGLER(Lee JAPAN)xJUNKY HEARTS 11MJ 1948年モデル Lot. W9601
                        2009年5月リリース ¥29800 限定24着


                        「孤高のラングラーマニアに相応しいより完成度を増した11MJプロトタイプ」
                        これ以上このジャケットに何を求めるのか?

                         ラングラーのデニムジャケット1stの11MJプロトタイプとして有名なこの1948年モデルは、生産期間はわずか1〜2年で誕生は1948前後と言われてますが、雑誌によっては1947年とか1949年とかまちまちです。正式な資料がないことがその理由だと思いますが、当時の市場では1949年に11MJが正式に発表されているので、その1年前の1948年前後だと推測ができます。生産枚数も通常の11MJ(111MJ)より少ないと考えられる為、貴重な存在です。
                         復刻の背景を追ってみると、このモデルを一番最初に復刻したのはラングラージャパンの「M4949」でした。これも当時にしては素晴らしい復刻具合だったと思います。その次に来たのがWAREHOUSEの復刻です。こちらの復刻も強烈で、先にリリースした111MJタイプと同様に未だにファンは多いです。その次が記憶に新しい今から丁度1年前にLee JAPANが復刻した「W9600」。こちらも一定レベルはクリアしてたと思います。そして今回4番目の復刻がJUNKY HEARTS別注になります。27MWの1stに続き、この11MJプロトタイプも同時に別注してしまうところがJUNKYらしいですね。27MWも強烈な存在感ですが、こちらも負けじと細かい箇所までJUNKYの息がかかってます。いや〜恐ろしいくらいですよ本当に。別の意味で恐ろしいのが、なんと限定24着しか入荷してないことです。入荷してないというより、27MWと同様の理由で24枚しか作ることが出来なかったという言い方の方が正しいですね。もちろん追加生産依頼もしてこの枚数。JUNKY別注は、1年前にLee JAPANからリリースされたものに改良を加えた様な感じなのですが、どの改良箇所もラングラーマニアから言わせると、まさに「かゆいところまで手が届いている」と言ったところで、他にやりようが無い域まで達しています。その他の説明は下の写真と共に記載してます。




                        バックストラップの位置を見て下さい。111MJやや下の方に付いてます。Lee JAPANの「W9600」はもうちょっと上に付けられています。


                        ポケットも少し大きめに改良。「オリジナルは少し大きめなんだよね〜」と高橋さん。プリーツも2本線のみに改良。「W9600」はリーバイスタイプに見られる長方形のステッチ。トップの写真の方が分かり易いですが、ポケットの位置がより下にずらして、真ん中まで来てます。


                        27MW同様にオリジナルの織りネームがポケット裏側付近に付いてます。27MWはプリント。11MJは刺繍とまたそこにも拘りが。


                        袖口のカフスは「W9600」と比べるとボタン、ボタンホールの位置が間逆になってます。オリジナルもこの位置でした。これにはまったく気付きませんでしたね。それからダブルステッチの幅にも着目され、「ヴィンテージは少し幅があるんだよね〜」と高橋さん。こちらも素人でしたらスルーしてしまう部分です。



                        そして袖口を裏返すとしっかり食い込み処理されてます。


                        フロント裾部分も同様の食い込み処理。ベースのデニム生地まで違います。「W9600」は耳に黄色いイエローラインが入りますが、こちらは白耳のみ。高橋さん曰く「こちらの方が若干色が濃い様に見え、そしてデニムのザラザラ感が強い」とのことです。それからチェーンステッチをよ〜く見て下さい。イエローとオレンジの色の2色を組み合わせてます。「W9600」は一色です。


                        モデルとなったヴィンテージが飾られてました。


                         これで説明は一通り終了です。どうでしょう、この驚くべき凝りよう。その他、まだ自分の知らない改良箇所があると思われます。別注の域を超えてますね。ここまで来るとまったく違った別物のジャケットと言っても過言ではありません。高橋さんの改良説明が次から次へと出てきて自分も覚えてません(笑)。残念ながらと言っていいのか、この別注を知る前に「W9600」を購入しました。ここまで読んでいただいた方に誤解しないで欲しいのは、決して「W9600」のデキが悪いとか劣っているとか言ってるのではありません。あのジャケットもかなりレベルまで達していると思いますし、着た感じのフィット感はかなり良いです。しかし、FREE&EASYの小野里編集長の言葉を借りるのであれば、ここで「それにしてもである」という下りになるでしょう。分かり易く例えるならば、現代の若者に進めるのであれば、タイトフィット感のある「W9600」、ラングラーマニアに進めるべきジャケットはこのJUNKY HEARTS別注というとこでしょうか。

                        ※サンプル品も見せていただいたのですが、残念ながら写真取るの忘れました...。



                        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                        THE AMERICAN MARTSHOP
                        「JUNKY」

                        ※27MW、11MJ別注のお問い合わせは「JUNKY HEARTS」へ
                         その際は「ラングラースピリッツ見ました!と元気よく(笑)」

                        JUNKY HEARTS
                        住所:神奈川県横浜市中区元町1-50元町パセオ201-B
                        TEL:045−228−2699
                        FAX:045−228−2698
                        営業時間:AM10:30〜PM8:00
                        定休日:祭日を省く月曜日
                        (祭日の場合は火曜日定休)


                        | 11MJ | 16:28 | - | trackbacks(0)
                        profile
                        メールフォーム
                        Sponsor
                        Wrangler関連オークション
                        categories
                        おすすめWRANGLER
                        links
                        mobile
                        qrcode